グレイルクエスト ガチプレイ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第2巻 第43話:レバーの操作でまたも瞬間移動?ここはどこ?

<<   作成日時 : 2017/03/25 23:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

メデューサのいた洞窟を過ぎると、相変わらず落とし穴に落ちてしまう。もう三度目だよ

ピップも毎度同じ落とし穴に落っこちさせられて可哀そう・・・

でも、めげることなく、ロープとアイゼンで落とし穴をよじ登って脱出する。

生命点が25まで下がったので、出発時に1つだけ銀貨で購入した治療薬を飲む。

この第2巻については「治療薬」の使い方や効能について言及がないので、

第1巻と同じく、サイコロを2つ振った分だけ生命点を回復させることとする。

→9

これで34まで生命点が回復した。

次はミノタウロスの洞窟で、素手の戦いでミノタウロスをやっつける。

改めて箱を提示されたので、鍵の入った小さい箱と大箱3を開けてみる。

大箱3には暗号の書かれた巻物が入っていた。

暗号は、第1巻でも使われていた、アルファベットを1つ前に置き換えるものだった。

内容としては、真鍮のドラゴンを見つけるために箱の中の鍵を使え、ということだ。

やはり、この先のレバーの機械には鍵を挿しこむ必要があるようだ。

なお、巻物を書き残した人物の名前がエセルバートとなっている。

エセルバートとは、ペリノア王が見せてくれた巻物の筆者でもある修道士兼武人だ。

エセルバートのドラゴン打倒の思いがここでも伝わってくる気がした。

欲を言うなら、もっと具体的な情報をくれても良かったのに、と言いたいところだが、

まあ、それはいいか。

そして、ようやくレバーの機械の部屋まで戻ることができた。

せむしの小人は前回倒したので出てこないことにし、

鍵を挿した状態で、運命のレバーを操作することにする。

前回試していない選択肢は、3つとも引き上げるか、3つとも引き下げるか・・・

一か八か、ピップは3つとも引き下げることにした。

すると、あたりは真っ暗になり、正体不明の怪物が現れた。

突然の出来事に困惑するが、戦うしかないようだ。しかもかなりの強敵の模様。

凶暴な怪物。生命点=80。基準点=4。被害点+2。

「さあピップ、受けて立て!」

怪物の攻撃→5。ミス
ピップの攻撃→3。ミス
怪物の攻撃→9。1のダメージ
ピップの攻撃→4。6のダメージ!
怪物の攻撃→4。ミス
ピップの攻撃→7。9のダメージ!
怪物の攻撃→8。ミス
ピップの攻撃→8。10のダメージ!
怪物の攻撃→12。4のダメージ
ピップの攻撃→9。11のダメージ!
怪物の攻撃→8。ミス
ピップの攻撃→5。7のダメージ!
怪物の攻撃→4。ミス
ピップの攻撃→5。7のダメージ!
怪物の攻撃→11。3のダメージ
ピップの攻撃→9。11のダメージ!
怪物の攻撃→11。3のダメージ
ピップの攻撃→5。7のダメージ!
怪物の攻撃→12。4のダメージ
ピップの攻撃→8。10のダメージ!
怪物の攻撃→6。ミス
ピップの攻撃→7。9のダメージ!
合計87のダメージを与えて、ピップの勝利!

怪物のターンで、サイコロの11や12が出まくり、かなり苦戦したが、なんとか怪物を倒す事ができた。

怪物が死ぬとあたりがぱっと明るくなった。やつは<闇の怪物>とでもいうべき

魔法の生き物だったようだ。

西の壁には魔法の杖がかけられていた。使い方はよくわからないが持っていくことにする。

それにしても、ここはどこなのだろう。レバーを引き下げたことによって、また

後戻りした地点にワープしてしまったのだろうか?

そんなことを考えながら、ピップは19まで下がった生命点を回復すべく

古老からもらったシチューを温めて食べることにした。これで生命点は48まで回復した。

さて、進むべき道は、北と東だ。どちらに進むべきか?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど。確かに治療薬の効果が書かれてなくて、どうすりゃいいんだと思った記憶があります。私は、どうせすぐ14行きとか思って放置していたような(笑) ところでユニコーンさんは、「夢時間」は利用しませんか? かくいう私も今のところ利用したことはないのですが。
ぜろ
2017/03/27 22:21
ぜろさん、いつもご来訪ありがとうございます!
「どうせすぐ14行き」ほんと、それですよね(笑)
生命点せっかく回復しても、問答無用で14行きはザラですから。
夢時間は私も気になっていて、捨てターンの時があればいずれ使おうと思いつつ、未だに出番が無いという。
夢時間はグレイルクエストの象徴ともいえるシステムでありながら、即死頻度が高いという性格上、実際は使うチャンスはなかなか無いですね。
「即14」「夢時間」この2つの象徴的特徴が、相反する立ち位置にある、というのはちょっぴり残念な気もします。
ユニコーン
2017/04/01 04:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
第2巻 第43話:レバーの操作でまたも瞬間移動?ここはどこ? グレイルクエスト ガチプレイ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる