グレイルクエスト ガチプレイ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第2巻 第44話:グレイルクエストのしょっぱい展開にもめげるな!

<<   作成日時 : 2017/03/26 16:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

東の扉を開けて入ろうとするが、錆びついていてなかなか開かない!

あけるには体力を消耗しそうだというが、なんとか開けてみたいと躍起になる。

生命点を2消耗しつつなんとか力づくでこじ開け、中に入っていく。

廊下を10メートルほど進んだところで左手に小さな扉があるが、

取っ手もなく、どうやっても空きそうにない。

しばらく廊下を進むとトンネルは左へとカーブし、小さな扉に行きあたった。

ピップはE・Jを抜き覚悟を決めて、扉に体当たりした。

すると予想に反して扉はあっけなく開き、勢いあまって向こう側へころがり出た。

その拍子に手からはなれたE・Jが床の壁にぶちあたった。

「痛ッ! 気をつけろよ! おー痛・・・あれ、なんてこった!?

見ろ、ここは・・・たしか・・・なんておっちょこちょいなんだ!・・・まったく・・・」


E・Jが軽蔑しきったように言った。なんと、取っ手のない小さな扉を

反対側から突き破っただけで、東の扉の中はこれで終わりのようだ。

こんなバカバカしいトラップにページを2ページ近く割いているグレイルクエストの

底意地の悪さに閉口してしまう

「なんという時間の無駄!」

マーリンにまで呆れられながら、もう一つの北の扉を開けることにするピップ。

こちらは固い岩を貫くトンネルへと入り込んでいく。

「ふと考えられずにはいられない。あの巨大な機械がなんであったにせよ、誰の手で置かれたにせよ

この場所に送りこまれたのは事実・・・もはやあと戻りはできない!」


先に進むよう後押しをするマーリン。このセリフから、どうも正しい道を進んでいることが伺える。

言われるまま歩を進めるピップに、大きな丸い岩が立ちふさがる。

サイコロを2つ振って動かせるか試せるが10以上を出す必要があるという。

しかし、このサイコロによる運試し、今回はやたら判定が辛い。

今風の言い方をすると運ゲー要素が強いということになるが、

グレイルクエストに挑んだ以上、こんなことで泣き言も言っていられない。

意を決してサイコロを振る。

→8

はいはい、そんな簡単にはいかなよね。

残された選択肢は

・<火の玉>を使う

・魔法の杖で岩を溶かす(ただし、生命点を25消費する)

の2つだ。

<火の玉>は2発残っているが、いざという時のために取っておきたい。

ここは魔法の杖と生命点を使って岩を溶かすことにした。

生命点は21まで減ってしまったが、ピップはめげることなく、洞窟の奥に進んで行くことにした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第2巻 第44話:グレイルクエストのしょっぱい展開にもめげるな! グレイルクエスト ガチプレイ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる