グレイルクエスト ガチプレイ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第3巻 最終話:最終回は突然に。いきなり始まってしまったラスボス戦

<<   作成日時 : 2017/07/17 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、第3層の部屋もだいぶ部屋を攻略していき、まだ入っていない部屋は、

「176」「156」「151」「184」「187」「169」「193」の7部屋を残すのみとなった。

「176」は「173」にいた食屍鬼のアドバイスにより危ない部屋という情報があったので、

残る6つの部屋のどこから入ろうか、というところである。

怪物除けのお守りは変わらず発動中なので、敢えて一番奥の「193」の部屋に

入ることにした。

その八角形の部屋に入ると、まさかの展開が待っていた。

突風に包みこまれ、目の前が真っ暗になった。

「あっというまに瞬間移動させられてしまうぞ」

マーリンが淡々と状況を説明する。

大丈夫、どうせ突風の後は、また違う部屋に瞬間移動させられちゃうんでしょ?

しかし本当に耳を疑ったのは次のひと言であった。

「行き先は200だ。」

はい!?

200って確か数学教師が見せてくれた黒騎士の部屋への通行証に記載されていた番号と

同じではなかったか??

それを、なんちゃことない部屋に入って、たった三行程度の説明文だけで

飛んでいけちゃって大丈夫なの??

そんな心の叫びとは裏腹に、問答無用で「200」に直行させられるピップ。

果たして部屋の中央には黒騎士とおぼしき堂々たる巨躯の男が立っていた。

「よくぞまいった、ピップ・・・」

黒い鎧の男は低い声で歓迎するようにいった。

「余のことは心得ておろうな。アーサー王の腹心、ペリノアなるぞ」

「嘘をつけ!」即座にピップが言い返す。

こっちが未だラスボスモードに気持ちが切り替わっていない中、ピップは既に黒騎士と

渡り合い始めている。スイッチの切り替えが早い、さすがピップだ。

「おまえは、アバロンを恐怖におとしいれる黒騎士だ。断じて閣下ではない!」

「なるほど、きさまがそのつもりなら、お遊びはこれで終わりにしてやる」黒騎士が横柄に言う。

「諸悪の根源、魔界の門を閉めるため、おまえを退治てくれようぞ!」

雄々しく叫んで、腰のE・Jをすらりと抜いた。

「ほう・・・なかなか肝が据わっておるな。みかけ倒しでなければよいが。

いざ、化け物ども、かかれ、かかれい!」

黒騎士が命令を下したメンバーはというと、

(1)七人の小人
(2)七体のジン
(3)七匹の粘液怪物

だ。これらが全員襲いかかってきていたら、相当苦戦を強いられることになっただろうが、

小人たちは算数の問題を答えてやったことで友誼を結んでおり、襲いかかってこない。

またジンもネルドの部屋でちくちくする指輪を通して主従関係となっているので大丈夫だ。

となると、残る敵は七匹の粘液怪物だけ。

ここは今まで温存していたちくちくする指輪を使ってジンを召喚、というか既に部屋にいるので

その一体に命令を出して、粘液怪物と対決させることにした。

粘液怪物×7。生命点=10×7。基準点=5。毒持ち。

ジン。生命点=100。基準点=4。被害点+3。

さあ、粘液怪物とジンの闘いだ!

・Fighting!

粘液怪獣の一匹目が早々にジンに毒攻撃をしかけ、毒を喰らうジン。

その影響で、ジンが攻撃をするたびに生命点2が奪われていったが、

安定の生命点100のおかげで、37のダメージを受けながらも、7匹の粘液怪獣を

見事に撃破してくれた

生命点の残り29のピップであれば、結構危ない展開になっていたかもしれない。

ここは、ジンに闘わせて正解だったかな。

さて、ジンが粘液怪獣を撃破する様を見て、黒騎士も少なからず動揺したに違いない。

言ってしまえば、部下同士で仲間割れが起きてしまったわけだからな。

さて、粘液怪獣を退けて、いよいよ最後に待つのは・・・誰あろう、恐怖の黒騎士だ。

ジンには退いてもらい、ここはピップ自らの手で黒騎士に引導を渡してやろう!

生命点こそ80点ということで、アンサロムや真鍮のドラゴンより低い値だが、

彼が装備している魔法の鎧は、かなりの防御力を有しているようだ。

ピップの生命点は僅か29。ちょっとしたミスが命取りになりかねない。

さあ、全力で挑めピップ!

黒騎士。生命点=80。基準点=3。被害点+4。防御点-12、-6、-4。

黒騎士→2
ピップ→4。ピップの先行

ピップは<はやすぎ!>の呪文を唱えた
⇒7。成功!ピップの移動速度は2倍になった。

黒騎士の攻撃⇒11。ピップに8のダメージ くっ、さすがダメージ量がハンパねぇ!

ピップは<あたふた!>の呪文を唱えた
⇒8。成功!ピップの防御力が4上がった。

<はやすぎ!>の効果で、ピップのターン。
ピップは<火の玉1>を唱えた⇒6。命中!
 黒騎士に75+5-12=68のダメージをあたえた!

黒騎士の攻撃⇒6。ミス。
<あたふた!>の光の壁が黒騎士攻撃を無効にしてくれた。

ピップの攻撃→ピップは<火の指3>を唱えた
→命中!黒騎士に10+5-6=9のダメージをあたえた!

<はやすぎ!>の効果で、ピップのターン。
ピップは<火の指4>を唱えた→命中!
黒騎士に10+5-4=11のダメージをあたえた!
ピップは黒騎士を倒した!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わー、なんかあっけないぞ黒騎士wwwwピップはお疲れさま(*´Д`*)
にがこ
2017/07/20 08:09
にがこさん、いらっしゃいませ!
たしかに黒騎士ってば、第1巻ラスボスのアンサロムに比べるとキャラ薄いし、中ボスの老婆怪物のほうがよっぽどインパクトあったな〜っていう感じではありましたね(^_^)
ユニコーン
2017/07/21 00:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
第3巻 最終話:最終回は突然に。いきなり始まってしまったラスボス戦 グレイルクエスト ガチプレイ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる