グレイルクエスト ガチプレイ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第3巻 反省会 − 「魔界の地下迷宮」攻略を振り返って

<<   作成日時 : 2017/07/23 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

約3ヵ月かかりました。「魔界の地下迷宮」無事クリアです。

第2巻の「ドラゴンの洞窟」が14回目でクリアできたのに対し、

今回は15回目でのクリアとなりました。

一応、今までで一番死んだ回数が多かったわけですが、

光源を入手して、基本速度が高い18になった13人目になってからは、

ほとんど死ぬことなく、一気にゴールすることができてます。

14回の死に方は以下のとおりでした。

1人目 キングサリの煙にまかれ死亡
2人目 プールの冷水で心停止
3人目 魔法の鏡で化け物に
4人目 マンティコアに敗北
5人目 魔法の鏡で化け物に
6人目 ミンチにまとわりつかれ死亡
7人目 魔法の鏡で化け物に
8人目 ゴルに敗北
9人目 プールで溺死
10人目 ガラスの湖に飛び込み脳天打撲
11人目 アンサロム養鶏場のニワトリに殺される
12人目 魔法の鏡で化け物に(自殺)
13人目 仕掛け釘の毒が回って死亡
14人目 魔法の鏡で化け物に

たいまつや魔法のコインを入手するまでは、ペナルティなどもあり、

戦闘シーンでかなり苦戦していましたね。

後半は、戦闘をかなり有利に進めるようになり、死亡回数が

劇的に減っています。


では今回も、攻略ルールなどについて何点か振り返りを


(1)第1巻、第2巻の魔法の品の持参について

第2巻「ドラゴンの洞窟」では、第1巻から引き継げるアイテムを

一つ一つ丁寧に説明されていました。

しかし、この巻ではその点が非常に曖昧でした。

パラグラフ21に「前の冒険で入手した魔法の品があれば、

今回もっていくことができる」との記載、これだけです。

この文章から、

[a]幸運の石
[b]ちくちくする指輪×2
[c]両面とも表の銅貨
[d]水晶玉
[e]死の巻物
[f]魔法の杖

を持っていくことにしております。

[a]〜[e]は、第2巻と同じように第1巻からの引継ぎアイテム。

[f]は「魔法の品」という文言から第2巻からの引継ぎアイテム。

[c][d]などは魔法の品なのかどうか疑わしいですが、

第2巻で持参できたということで、今回も持参しました。

結局、役にたったのは

[a]→スピフの頭部切り取り時に活用

[b]→ジンの召喚に活躍。(第3巻でもヒグマが持ってはいたが、
   入手できたのは、ジンと遭遇できた後で、前回冒険時の
   物が役に立った格好)

[f]→アンサロム風の魔術師のワイロに活用

の3つですかね。どれも、無かったら冒険がより難航していたことでしょう。


(2)「速度」について

この巻の特徴でもありネックとなったのは、この「速度」の概念でしょう。

かなりの影響があったにも関わらず、説明がひどく雑で、この速度ルールは

読者によって解釈はまちまちだったのでは無いか?と想像しております。

この速度ルールについての記述はパラグラフ41で、以下の通り。

「あまり装備品を増やすなよ。今度の任務は重力の法則が響いてくるんだ。

装備品ひとつにつき、おまえの速度がひとつ減る」

もうこれだけなので、ここでいう「装備品」とはマーリンが提示した

「装備品一覧」(P69)に載っているもの、と勝手に解釈。

よって、(1)の魔法の品も、途中でゲットしたものも、速度には

影響なし、とこれまた勝手に解釈。

結果的には、これがズルに繋がるわけですが、マーリンの説明不足が原因の

ズルは「あり」、というこのブログのローカルルールに乗っ取ってプレイを

開始します。

加えて言うと、治療薬・軟膏・金貨なども装備品では無いとして、

無尽蔵に持てることにしました。

ひどいのは、パラグラフ14の死の項にすら速度についての記載がない

ことです(生命点については記載があるのに)

よって何度死んでも、パラグラフ41を通らない限りは、基本速度に

変更は無い、という変則的なルールを採用した次第です。

このパラグラフ41以外に、速度について言及があったのを、

記憶では2箇所確認しております。

一つ目はパラグラフ130で、鏡の中のピップを倒した時、

「そいつ(ピップの分身)がきみと同じだけの金貨と戦利品を持っている」

「つまり、いま持っているものすべてが倍になるのだ」

「その重さに耐えられるようなら、」

との雑な説明。「いま持っているものすべてが倍」なんて

額面どおり読んだら、E・Jも二本、ドラゴン革の胴着も二着になって、

重ね着して被害点を毎回8減らせることになっちゃうじゃねえか!

なんて、思っちゃいました。

この時の葛藤の詳細は

屁理屈をこねだしたらキリが無いので、今回は

金貨・治療薬・軟膏だけを強奪することで落着しております。

もう一つの速度の言及に関しては、マンティコアの部屋で入手できる、

魔法の楯に関しての説明(パラグラフ107)。

「きみの速度にはなんの影響も与えない」

ここで、初期の装備品以外も速度に影響を与えることが、このブログにおいて

確定する。まあ、普通に考えればそうだったんでしょうけど。

初めから、途中で入手したアイテムも速度に影響を与えていたら、

もう少し面倒な展開となっていたことでしょう。

それと、速度がゼロになったら、もうアイテムは持てない、ということに

なるのか?という疑問もありました。バランスを考えればそれが妥当かな、

と思いつつも、マーリンの口からはそのようなコメントはついぞ

出てこなかったので、速度をマイナスにしながら、すべての装備品を

持ち出すという暴挙にも出てしまいました。

結局それらの装備品が役に立つことはなかったんですけどね・・・。


(3)既に入ったことのある部屋への再入場について

冒険のやり直しについて、巻末の「闘いの規則」には

「14からの再挑戦。前に殺した敵は死んだまま。

すでに獲得した品を二度得ることはない。」

との記載しかありません。

よって、「前に殺した敵」と「すでに獲得した品」以外は、

全て、やり直し可能(あるいはやり直し必須)としました。

これで得をしたのは、「115」の部屋の箱。

最初の2度は6以下の出目で毒を喰らいますが、3度目で7以上が出て、

光の術をゲットできています(ここまで良いものが入っていたのは

予想外でしたが)。

ここは、1度開けたら2度目以降は開けられない、というルールも

あったかもしれません。

逆に苦しい思いをしたのは2つあります。

1つ目は「92」の鏡の展示室。サイコロの出目で7以上を出さないと

即死という、ドラゴンの洞窟の瓦礫に似たトラップでした。

結局14回中5回はここで死んでおり、1回クリアしたら(偽ピップが

鏡の主と考えて)2度目以降はスルー可能、というルールでも

良かったかもしれません。

2つ目は「129」の小部屋迷路の出口で、予備食料が無いと

永久生命点が1減点する、というトラップ。

ここも1度クリアしたら、2度目以降は無視する、というルールにも

できたかもしれませんが、ここも「闘いの規則」の文章に忠実に

毎回このトラップはあり、ということにしました。

おかげで、毎回ここの地点まで予備食料を待ってくる手間が

発生してしまいましたね。


(4)怪物除けのお守りについて

この怪物除けのお守りの効力は想像以上でした。

当初の予定では、お守りを使っても、すぐに14行きになったり、

第3層以外の部屋にワープさせられたりして、

「お守りの効力が2回分だけなんて、全然足りないよ〜」などと

文句を言う事態になると思っていたのに、まさかラスボス戦まで

効力があり続けるなんて・・・。

おかげで、ありあまる治療薬やアイテム・魔法を駆使して、

第3層のさまよえる怪物たちを狩りまくる→経験点を稼ぐ

→永久生命点が増える→(゚д゚)ウマー

という密かな野望が断たれてしまっております。

黒騎士を倒した時点での経験点は38で、あと少しというところで

永久生命点獲得に至りませんでした。

第3層で怪物除けのお守りを発動させてしまったことで、広大な迷宮を

自由自在に移動できてしまい、ラスボスに少しずつ近づいている、

というクライマックス感はぶち壊してしまったかなあ、とも

思っています。

また、第3層のさまよえる怪物や罠で苦戦する事態を想定して、

治療アイテムや魔法(火の指など)をかなり節約して前半プレイ

したのですが、後半のあっけない幕切れのおかげで、

かなりのアイテムや魔法が、宝の持ち腐れ状態となって

しまっています。列挙していくと、

■回復系アイテム
・治療薬×46
・軟膏×9
・スピフの種×4
・解毒薬×7

■魔法
・火の指×6
・火の玉×1
・初歩の魔法帖の魔法×5
・中級の魔法帖の魔法×4
・再生復活の呪文×2
・死の呪文×1

■その他アイテム
・魔法のランプ×6
・磨き粉×6
・除草剤×3
・ちくちくする指輪×2

とまあ、これだけ残ってしまったわけです。

これが世にいう「エリクサー症候群」ってやつですな。

ひどい時は、ピップが毒で苦しんでいるのに、解毒薬を惜しんで

中毒死させたことが2回もありました。

結局、解毒薬は1度も使うことが無いまま・・・。

この事に関しては、ピップに両手をついて謝りたいものです。

第3巻は、他にも言いたいことが山ほどありますが、

あまり長くなってもあれなのでこの辺にしておきます。

それでは、第4巻の攻略ブログで、またお会いしましょう!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第3巻 反省会 − 「魔界の地下迷宮」攻略を振り返って グレイルクエスト ガチプレイ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる